ラグジュアリーカードの種類 ラグジュアリーカードの特典

ラグジュアリーカードは使えない?いらない?理由を2枚の保有者が解説

ラグジュアリーカードと佐藤琢磨のヘルメット

Luxury Card(ラグジュアリーカード)という金属製クレジットカードがあります。ラグジュアリーカードは使えないお店が多いか心配という方もいらっしゃるでしょう。

また、年会費を考えると使いこなすのが難しく、いらないという意見も多いところです。

ラグジュアリーカード ゴールドとラグジュアリーカード ブラック(ビジネスカード)

実際にラグジュアリーカード ゴールド、法人口座決済用のラグジュアリーカード ブラックを利用した経験にもとづき、ラグジュアリーカードは使えないのか、いらないのかについて解説します。

ラグジュアリーカードが使えない店舗

ラグジュアリーカードは金属製クレジットカードなので、使えないATM・カード読み取り機があります。古い日本独自の規格の一部端末では利用不可能です。

主なデメリット

  • コインパーキング(Times24、三井のリパークなど)
  • 昭和シェル石油、ENEOS
  • 一部コンビニ(古いレジ)
  • 東武ストア(セルフ精算機)

なお、QUICPay加盟店では、ラグジュアリーカードと紐付いたQUICPay、Apple Payを利用可能です。

ラグジュアリーカードのApple Pay

ラグジュアリーカードはモバイルSuicaモバイルPASMOへのチャージでもポイントを得られます。もちろんApple PayGoogle Payも同様です。

したがって、交通系ICカードが使えるお店では、ラグジュアリーカードでチャージしたモバイルSuica・モバイルPASMOで決済できます。

Apple PayのSuica、PASMO、ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードがいらない理由

ラグジュアリーカードは年会費が55,000円~220,000円(税込)と高価なクレジットカードです。

したがって、高級カード保有による満足を感じない方(ステータスなんてどうでもいい、金属製にお金を払いたくない)、特典をあまり使わない方の場合、いらないと評価できます。

また、ラグジュアリーカードの特典は主に関東・関西などの都市圏が多いので、地方在住の方だと使えないという評判・口コミがあります。

Luxury Cardの特典を実際に使うか否かが重要な検討材料となります。

これらの特典を使うか否か、金属製クレジットカードを使ってみたいか否かで判断しましょう。

3枚のラグジュアリーカード
ラグジュアリーカード最新ガイド!2券種の保有者が金属製クレジットカードを解説

続きを見る

名前税抜年会費
(家族会員)
主な特徴
ラグジュアリーカード チタン
ラグジュアリーカード チタン
5万円
(1.5万円)
基本ポイント還元率1.0%
コンシェルジュ
プライオリティパス
ムビチケ前売券GIFT月1回無料
コース料理1名分無料サービス
ラグジュアリーアップグレード
ストリーマーコーヒー無料
ラグジュアリーカード ブラック
ラグジュアリーカード ブラック
10万円
(2.5万円)
基本還元率1.25%
コンシェルジュにメール依頼OK
レストランまでのリムジン送迎
ハワイアン航空の上級会員資格
ラグジュアリーカードラウンジ
Luxury Tea無料 (月1回)
ムビチケ前売券GIFT月2回無料
ラグジュアリーカード ゴールド
ラグジュアリーカード ゴールド
20万円
(5万円)
基本還元率1.5%
レストランから自宅へのリムジン送迎
ハワイアン航空の最上級会員資格
Luxury Tea無料 (毎日)
ムビチケ前売券GIFT月3回無料
交通事故傷害保険 賠償責任保険付
法人口座決済用ラグジュアリーカード5万~20万
(1.5~5万)
個人用カードと基本的にスペックは同一

-ラグジュアリーカードの種類, ラグジュアリーカードの特典

Copyright© ラグジュアリーカード大全 , 2021 All Rights Reserved.